私のフォトブック「my son」とフォトブック展「MEKURU」



現役ナースのママフォトグラファー、クラフト講師の
SCRAPPY(スクラッピー)KEIKOです
(肩書きについての説明☆)

ホームページはコチラ

Instagramはコチラ

facebookはコチラ

LINE @はじめました
友だち追加こちら登録お願いします!

撮影依頼などのご連絡もライン@またはこちらまでお願いしますscrappykeiko☆gmail.com(☆を@へかえて送ってください)(半日経っても返信のない場合メールトラブルなどが希にございますので、上記のインスタやフェイスブックなどからご連絡頂けましたら助かります)
 
https://nickey291.blogspot.com/2017/10/blog-post_9.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明日から開催される
第1回フォトブック展「MEKURU」
https://www.photobook-ten.jp/about
フォトブック展『MEKURU-めくる-』は、
1枚写真では表現できない、
ページでつづる写真の楽しみ方を
『フォトブック』を通して知っていただき、
「写真」そのものの大切さ、
見返す喜びを再発見できるイベントです。

この説明文から始まるホームページはご覧になりましたか?

この文章に書かれていることを
心から体験した出来事があります

私はご存知の方も多いと思うのですが
反抗期の息子を持つ
母親です

長年反抗期と向き合い続け
ブログでその思いと向き合ってきました

そんな時に

こどもとかめら卒業生のプロジェクトとして
2018年のCP +にフォトブックを出させていただきました

2冊の展示をさせていただき、そのうち1冊を
自分の息子のフォトブックとしました

以前ブログでも紹介させていただきました
私の「my son」というフォトブック
このきっかけがなかったら
このフォトブックは生まれていません

そしてフォトブックが持つ感動も
実感できなかったかもしれません

真剣に立ち止まって考える時間をいただいたことで

作りたいフォトブックは何だろうと考えた時に
思い浮かんだのが
「とても少なくなってきている
息子の写真で今しかないフォトブックを作ろう」
でした

はじめは誰からも反応もなかったこの作品(笑)
でも
自分と向き合いながらパソコンの前で泣きながら作った作品

自分にとっては思い入れのあるものでしたが
見たよ〜!!と言われるのは
もう一つ作った我が家の狂犬チャッピーのフォトブック
でした(笑)

「my son」について
忘備録として自分がどんな思いで作ったのか
忘れたくない思いを投稿すると
実際にCP +でフォトブックを見ていただいた方から
びっくりするほどの感想をいただきました

(注意:長文です)


他の投稿などいただいた数も合わせると1000件超え!
(私のブログではとんでもない数字!)
1つ1つ丁寧に読ませていただきお返事していきました
今でも「あのフォトブック!」と
時々感想をいただくこともあります

そしてその中の1人から
「どうしてもフォトブックが欲しいのですが」
とお問い合わせいただき

私のフォトブックが
誰かに認めてもらった「作品」となりました

どうしてこんなに反響があったのか

自分でも驚きましたが
何故なのだろうと考えた時
答えはとっても簡単なことじゃないかなと思ったのです

日々大切なことに気がついていても
つい通り過ぎてしまう
「みんなが思っていること」
だったからなのではないかと

手にとっていただいたらわかるのですが
ペラペラペラくらいで終わってします
本当に少ない写真と言葉とで作ってある作品(笑)

でも

何気なく過ぎていく時間
思っていた気持ち

を形にしたもの
が私のフォトブックだったから

だと思ったのです

大切なことはいつもシンプル

少ない写真でも
短い言葉でも

大切な人へ大切ということを伝える

自分の気持ちに整理をつけた作品

たくさんの人の同じ
「反抗期の男の子」に悩む
1冊のフォトブックだったからだと思うのです


あなたにとって大切な人は誰でしょうか

フォトブックは「今」の自分と
丁寧に会話ができる素敵なツールだと思います

実際にこの1冊が私にくれたたくさんの言葉は
とても勇気をくれて
本当に宝物の作品になりました


私は自分で
「1枚で全てを語れる作品」を撮れる
フォトグラファーではない!と思っていて(笑)
文章を書けば長文!!
でも、
その時の思いを大切に
心が動いた時は真剣に
その時の思いを綴ることで
自分らしい作品が生まれるといつも思って
カメラを手に持っています

私はストーリーを綴るように撮影していくフォトグラファー

だから自分の好きなものを詰め込んで
気持ちも一緒に
笑いブレや泣いて感動してブレてしまうことも
私の作品だから

デジタル化した現在、スマホやパソコンに入ったままの
データーではなくて

少し手をかけて
文章を添えて
カッコつけずにそのまま
もっともっと鮮やかに
その時の記録を残して見ませんか

フォトブックって本当に素敵です!
みなさんの作品を見るのが楽しみ♡

誰かの手を通って生まれた作品は
本当に素敵

そこに流れる時間を想像するだけで
幸せになれる

あなただけのストーリーを感じることができるから

フォトブックは
「今」だからできる作品
きっと来年はもうすっかり今の気持ちは忘れているから
今作らないと書けません!

ワンコインからできるものもたくさんありますので
ぜひたくさんのフォトブックに触れて
自分らしい「今」の1冊を作りたいですね

私は明日から早速イベントへ

「フォトブックファン交流会」に

この「my son」を持って参加しようと思います

反抗期に作るおすすめフォトブックとして(笑)

「今」を形に残す
フォトブックの魅力をたくさん知っている
フォトブックが好きな方たちによる
素敵なイベント

是非たくさんの方と一緒にフォトブックを楽しみたいなと思っています。
みなさんも是非!!


SCRAPPY KEIKO



https://www.mybook.co.jp/cgi-bin/af.cgi?siteid=BDUV300134&key=1
こどもとかめら卒業生は活動の一部
アスカネット様にご協賛いただいています
本当にありがとうございます。

おすすめフォトブック作れます
バナーをクリックしてくださいね☆







私が所属するこどもとかめら卒業生グループ
イベント情報はこちらのバナーをクリックしてくださいね☆

人気の投稿