スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

これから「正義」の話をしよう

マイケル・サンデル著 これから「正義」の話をしよう を読んでいます  5行に一度睡魔が来ます でも読んでます  正義って?? ものすごく考えさせられる本です 自分が正義と思うこと って自分だけの話 捉え方はいつも自分の心が決めるんです だから常に自分に問いかけないといけないんです 誰のための「正義」なのか 自分中心なものではないのか 本当に正しいのか そして常に私は真ん中はどこなのか を意識してます わからないときはじっとして答えが出るのを待ちます ひとりで待ちます 時に大事なお友達に愚痴るけど 決めるのは自分だから  自分はそれを知っているから 一人で待つ ただそれがものすごく崩れる場合があります それは集団心理が働くとき 集団は気持ちが守られているような気分になります 道徳性の低下していることに気づきません  思考も単純になり正確な判断ができなくなります そして感情的になります これが「正義」なのだと でも 「正義」と思っていたことは 自分中心の「嫉妬」が 「正義」という名の 皮をかぶっているだけかもしれません 頭に来ることは 「自分がそうして欲しかった」という気持ちの 表れであることがほとんど ずるいって思うこと
それは相手を羨ましく思っていること

素直に認めて 集団じゃなく個人に戻ろう 相手へ「こうして欲しかった」は伝えてますか せっかく出会ったのに 個人と個人の関係でしか 本当の人間関係は生まれない と私は思ってます 相手への思いやり 配慮 なくして突っ走って行動してしまったあとに 残るのはきっと「後悔」 ゆっくりと自分に向き合って 本当に言いたかったことに 耳を傾けて ヘドロのような感情を削ぎ落として きっとそこからが本当のスタート
集団心理の働いた悲しいことが
身近で最近ありました どうしてもわからないこともあるけれど
楽しかったと思う日は 本当に素敵な出会いであることの証明 お互いの違う部分 大切にしたらもっと楽しいことが起きるはず 私はそう思う どうか大切な人へ届きますように KEIKO


現役ナースのママフォトグラファー、クラフト講師の
SCRAPPY(スクラッピー)KEIKOです
(肩書きについての説明☆)

ホームページはコチラ

Instagramはコチラ

facebookは

最新の投稿

【開催報告】1/7 dattochiさんランチ付き親子撮影会ありがとうございました

まったりとお正月

【お写真ご紹介】赤レンガクリスマスマーケット撮影会

ミス・ユニバース福島本大会もうすぐ!!

撮影させていただきました~七五三 Mさま~